ラジオ

ライバー系ビジネスって流行っているの?

株式会社ホスマーケティ代表の馬場ふゆかです。

実績も人脈も0のところからビジネスを頑張る人に向けて、個人が小さくても強い仕事を作れるよう、

ネット検索では出てこないビジネス小ネタ特集をお届けします。

 

音声で聞きたい方はこちら!

https://stand.fm/episodes/61aeaa77080b2600061b0864

ライバー系ビジネスって流行っているの?

今回は、『LINEステップ』についてお話していきたいと思います。

あれ?ブログタイトルと違うのでは?と思った方は、後ほどちゃんと話が繋がるので、このまま読み進めてください。笑

 

SNSで情報を集めていると、

「続きはLINEへ」や「続きはプロフへ」等の誘導をよく見かけるのですが、

いつものか。。と今まで一度も登録したことがありませんでした。

 

ですが、公式LINEは登録することで、その公式LINEにどのくらい人数が集まっているのかを数字で見ることができます。そして、その後は一体どんな流れを公式LINEで組んでいるのだろうと知りたくなり、試しに登録をしてみました。

 

実際には、とてもLPが凝っているものや、Twitterのリツイートで私のタイムラインによく流れてくるものを登録したのですが、とても気になるものがありました。

 

その公式LINEは、登録者数がすごく多く、広告まで流れてきていて、LPも非常に凝っているものでした。

 

その内容というのが、「ライバーをプロデュースする」というものでした。

 

副業のひとつの形として、アフィリエイト、せどりに変わるものとして「ライバープロデュース」というものでした。

 

登録者数も8000人を超えていて、おそらく人数を買ったりしたものではなく、LPが非常に作り込まれており、STEPもしっかり組まれ、文章もすごくよく考えられていて、純粋な努力によって、すごい登録者数を集めているな、と思いました。

 

プロデュースに関するコンテンツを作る為には、私も以前に、コンテンツを考える上で「プロデュースすること」を考えたことがあり、コンテンツの中身まで自分で考えながら計画したことがありました。

「プロデュースをすること」を実際に自分で考えてみた結果、実際に形にすることは難しかったです。

私は、LP制作で挫折をしてしまいました。

 

当時、計画した内容が、プロデュースを何かひとつに明確に絞るものではなかったので、目的があいまいになってしまっていました。

 

目的を何かひとつに絞って具体的に「○○を教えます」という内容だとLPは非常に作りやすかったと今では思います。

 

現在でも、集客するときに「○○を教えます」だと非常に文章も作りやすく、「これを教えます」から「これを学ぶとこういうことが出来るようになります」という文章構成をすることが容易に出来ます。

 

反対に、人によって結果が変わるもの、人によって活用の仕方が変わるものというのは、ノウハウ一本よりもハードルが高いものになります。

 

私自身は当時、途中で挫折をしてしまい、枠組みを決めたところで終わってしまったのですが、それをひとつのプロデュースに絞って作り込むと、

前述の「ライバーをプロデュース」のような完成度の高いものになるのだな、ということを見せてもらった気がしています。

 

公式LINEは気になったものだけではなく、すでに知っているものも登録してみよう

これは私の主観になるのですが、メルマガのステップは、個人から送信されるものなので、自分個人宛に届いている気がしますが、公式LINEのステップだと、公式から送付されるものなので、”みんな宛”のような感覚になるのではないかと思っていました。

 

ですが、私が実際に登録して見させてもらったLINEのステップでも大きな数字と結果を出していることがわかりました。

そして実績につながっていっていることも知ることが出来ました。

 

「プロデュースをする」ということに絞って、しっかりと作り込むこと。

それは人生を賭けるくらいの勢いで作っていかないといけないと思いました。

 

ちなみに、私のビジネス仲間でも「ライバーをプロデュースしませんか?」という声をかけられた方がいます。

その話を聞いた後、すぐにLINE STEPで広告が流れてきました。

 

ライバープロデュースは流行っているのでしょうか?

たまたまタイミングよく見かけただけでしょうか??

 

もしそのようなお話を聞いたことのある方がいらっしゃったら、教えていただけたら嬉しいです。

 

結論としては、自分で少しでも気になったことに登録をしてみると、LP等の作り込み方や、集客の実績などを知ることができますし、どのように成功をしていったのかの成功事例が自分のところに流れてくるので、すごく勉強になります。

 

これを何回も繰り返すことで、自分が何かを始めようと思うときに、

いろんな成功事例や成功パターンが溜まってくると、後々動きやすく、提案もしやすくなると思います。

ぜひ、いろんな公式LINEを覗いて研究してみましょう。

個人でも小さくても強い仕事を作れるように

SNS起業という言葉もでてきたり、個人がビジネスに挑戦する障壁はネットのおかげでとても低くなっています。

おかげで私もビジネスに挑戦するきっかけを得て、資金も人脈もない中で独立することができました。

ですが挑戦しやすい分、その先のハードルが超えられず挫折する人がほとんどです。

結果を出す人はビジネスに挑戦する人の2%と言われたりしますが、自分の周りだけでもその2%の人を増やしていきたい。

凄い人がたくさんいるのに、自分なんかに仕事を頼む人がいるのだろうか。自分なんかが出来るのだろうか。

今月は仕事はあっても来月、再来月は大丈夫だろうか?

やればやるほど、小さな結果をだせるようになるほど、大きな結果を求めて不安が襲いかかってきますが…

個人でも長期的に仕事を得られるビジネスモデルの形。小さくても強い仕事は作っていくことができます。

本当はここを知っておくとよいのに…という、細かいけれど大事なことは、メルマガの中で伝えています。

リアルタイムでメルマガを書いていますので、決まったメールは流れてきません。

副業を本業にしたい方は、是非、このリアルな本音に触れてみてください。
↓↓
『馬場ふゆかの本音のメルマガ』




【3年間の実体験から確信できる『ビジネスの落とし穴35カ条』をLINEでお渡ししています】

友だち追加