ラジオ

発信のリスクに見合う結果は出ているか?

私たちはブログやメルマガ、SNSなど、様々な媒体を使って発信しています。その中で、発信の内容や言い回しによって、ときに批判や炎上などを起こす大きなリスクとなることがあります。

 

今回の記事では、『発信のリスクに見合う結果は出ているか?』という内容をお伝えしていきます。

 

音声で聞きたい方はこちら!
https://stand.fm/episodes/61c1d88355228300060cf971

リスクが伴うような発信をしていませんか?

情報発信をする中で、自分自身についての開示や活動の認知をWebで広げる人がたくさんいます。

しかしWeb上において、発信内容によってはグレーな内容や、多少リスクのある発信をしている人も少なくありません。

私は現在、薬機法コピーコンサルタントとして活動をしていますが、この分野においては健康食品や化粧品を取り扱う方や、サロンの方などが自分の仕事を広めるときに

「絶対痩せます」

「この病気が治ります」

のような法律に抵触してしまうような発信をしてしまう人がいます。

 

起業系でも、

「ここに来たら必ず100万円稼げるようになります」

など、炎上などを含め、一般的に大多数が良くないと思うような発信があります。

確かに「コツコツやれば~」よりも「楽に簡単で、再現性がある~」の方が響きやすいです。

でも大事なことは、その時いかにたくさんの人が自分の発信に食いつくかではなく、自分の発信が後に自分にリスクとして降りかかってこないかどうかということです。

リスクの存在は軽く見てはいけません。また、リスクは生じるものであるということを頭に置いておかなければなりません。

あなたはリスクが伴うような発信をしていませんか?

自分の発信は自分自身を表します

デジタルタトゥーという言葉があります。

一旦、インターネット上で公開された書き込みや個人情報などが、一度拡散してしまうと、完全に削除することが不可能であるという意味です。

刺青を簡単に消すことが不可能なように、自分が一度発信した情報が、もし問題のある情報だったとしたら、当然その情報を完全に消すことは不可能です。

日頃から良い発信を心がけていれば問題ないかもしれませんが、もし問題が起こったときに大変なことになってしまいます。

「この人はこういう人だ」と周りに思われる恐れがあります。一度そうなってしまうと、ブランディングを変えることが難しくなってしまいます。

自分の発信は、まさに自分自身を表すのだということを忘れないようにして発信するようにしなといけません。

ビジネスは生き様です

先ほど、自分の発信は自分自身を表すとお伝えしましたが、
『ビジネスは生き様を表す』と言われています。

多くの人がリスクを抱えながら結果を出そうと頑張っている中で、なかなか結果に繋がっていない人が多くいるように感じます。

私は、リスクを取って結果を出せていないのだったら、確実に結果が出る発信に変えた方がいいのでは?と思うのです。

どうしたら結果が出せるか、数字を伸ばせるか。

そのあたりを見つつも、さらに発信のリスクと結果のバランスを見ながら行った方がいいでしょう。

「流行っているから」

「みんなやっているから」

そういったことで判断せずに、自分自身が胸を張ってまわりに言えるような発信をしていきましょう。

個人でも小さくても強い仕事を作れるように

SNS起業という言葉もでてきたり、個人がビジネスに挑戦する障壁はネットのおかげでとても低くなっています。

おかげで私もビジネスに挑戦するきっかけを得て、資金も人脈もない中で独立することができました。

ですが挑戦しやすい分、その先のハードルが超えられず挫折する人がほとんどです。

結果を出す人はビジネスに挑戦する人の2%と言われたりしますが、自分の周りだけでもその2%の人を増やしていきたい。

凄い人がたくさんいるのに、自分なんかに仕事を頼む人がいるのだろうか。自分なんかが出来るのだろうか。

今月は仕事はあっても来月、再来月は大丈夫だろうか?

やればやるほど、小さな結果をだせるようになるほど、大きな結果を求めて不安が襲いかかってきますが…

個人でも長期的に仕事を得られるビジネスモデルの形。小さくても強い仕事は作っていくことができます。

本当はここを知っておくとよいのに…という、細かいけれど大事なことは、メルマガの中で伝えています。

リアルタイムでメルマガを書いていますので、決まったメールは流れてきません。

副業を本業にしたい方は、是非、このリアルな本音に触れてみてください。
↓↓
『馬場ふゆかの本音のメルマガ』




【3年間の実体験から確信できる『ビジネスの落とし穴35カ条』をLINEでお渡ししています】

友だち追加