ラジオ

マインドマップでやるべきことを可視化しよう

やりたいことがあるのに何から手をつけるべきか分からない。あるいは、やりたいことのイメージ自体がボヤっとしていてまとまっていない。このような状態になってしまったことはありませんか?

 

今回の記事では、『マインドマップでやるべきことを可視化しよう』という内容をお伝えしていきます。

 

音声で聞きたい方はこちら!
https://stand.fm/episodes/61c32ade55228300060d1513

マインドマップの必要性

やりたいことがあるのに何から手をつけるべきか分からない人は、自分のやるべきタスクと優先順位が把握できていない可能性が大きいです。

マインドマップを活用することで、以下のメリットがあります。

・今考えていることを細分化することができる
・自分にとって必要なタスクが分かり、迷わなくなる
・タスクに優先順位をつけることができる
・悩む時間が減って時間の効率がよくなる

行動できないときは、自分にはどんなタスクが必要で、何からすればいいか分からないために不安になります。

そんな時にマインドマップを活用することで、自分の目標に対するゴールもチェックポイントも見えるようになることで迷わなくなり、悩む時間がなくなるので時間の効率がよくなります。

頭の中が整理されてスッキリしますね。

マインドマップで目標を可視化する

マインドマップを活用することで、目的を可視化することができます。目的の可視化によって、自分の現在地と目指すべきゴールが見えてきます。

目標を決めるときは、長期的なゴールとそのゴールを目指すためのチェックポイント(短期目標)を設けましょう。

短期目標を決めることで、大きく脱線せず、もし脱線してもすぐに軌道修正することができます。

目標を可視化できるようになれば、フルマラソンのようにチェックポイントまでどれくらいあって、どれくらいの速さで走っていけばいいかを常に把握して自走できるようになるでしょう。

やりたいことがたくさんある人こそマインドマップを活用しよう

「何かしたいけど何をしたらいいか分からない」

「漠然とお金を稼ぎたい」

「30万円稼ぎたい」

みなさんが掲げる目標は様々だと思います。

この漠然としたところから、やりたいことなどを細かく書き出していくことにより、おのずと自分のやりたいこと、それに対してやるべきタスクが浮かんできます。

 

これとは逆に、「たくさんやりたいことがあって、タスクも多い」という人も同様にマインドマップを活用しましょう。

例えば年間目標を月で割るだけでも違います。

ざっくりとでもいいので、「自分はこの一ヶ月に何をどれくらいやるのか」を決めることで実際に行動に移すことができます。

目標は、掲げるだけでなくそこに向かって行動を始めてこそ実現できます。

もし、なかなか行動ができずにいる人や、停滞してしまっている人は、ぜひマインドマップを活用してみましょう。

個人でも小さくても強い仕事を作れるように

SNS起業という言葉もでてきたり、個人がビジネスに挑戦する障壁はネットのおかげでとても低くなっています。

おかげで私もビジネスに挑戦するきっかけを得て、資金も人脈もない中で独立することができました。

ですが挑戦しやすい分、その先のハードルが超えられず挫折する人がほとんどです。

結果を出す人はビジネスに挑戦する人の2%と言われたりしますが、自分の周りだけでもその2%の人を増やしていきたい。

凄い人がたくさんいるのに、自分なんかに仕事を頼む人がいるのだろうか。自分なんかが出来るのだろうか。

今月は仕事はあっても来月、再来月は大丈夫だろうか?

やればやるほど、小さな結果をだせるようになるほど、大きな結果を求めて不安が襲いかかってきますが…

個人でも長期的に仕事を得られるビジネスモデルの形。小さくても強い仕事は作っていくことができます。

本当はここを知っておくとよいのに…という、細かいけれど大事なことは、メルマガの中で伝えています。

リアルタイムでメルマガを書いていますので、決まったメールは流れてきません。

副業を本業にしたい方は、是非、このリアルな本音に触れてみてください。
↓↓
『馬場ふゆかの本音のメルマガ』




【3年間の実体験から確信できる『ビジネスの落とし穴35カ条』をLINEでお渡ししています】

友だち追加