ラジオ

サービスは有料と無料どっちがいいの?

無料サービスと有料サービス、どちらを選べば良いのか悩む人が多くいると思います。しかし、どちらにもメリットとデメリットがあり、一概にどちらが良いと言い切れないのが実情です。そんな中、チャンスが掴める無料サービスもあります。

 

今回の記事では、『サービスは有料と無料どっちがいいの?』という内容をお伝えしていきます。

 

音声で聞きたい方はこちら!
https://stand.fm/episodes/61bffea3344c7d00069e9b5e

 

あわせて読みたい
自分のサービスが無料で売れず、有料にしたら売れた話自分のサービスを出すときに、仕事に関する相談会やサポートなどを、無料で出したことはありませんか?きちんと戦略があればいいのですが、「ひと...

 

無料サービスのイメージの実態

皆さんは今までに一度は無料のサービスを利用したことがあると思います。
そのサービスは、どういう内容でしたでしょうか。また、満足はできましたか?

 

無料のサービスの大半は、無料の範囲で手に入れられる、さらっとした内容のものが多いです。

本当に知りたい内容は、その先の有料部分にあることが多いでしょう。また、その先は個人面談などのクロージング部分にあることも多いです。

 

Twitterで最近よく見かける無料サービスは、Twitterから自らの公式LINEへの誘導後にプレゼントするという手段です。

実際の無料特典はというと、公式LINEに置く理由があるものや、企画への誘致などエンターテインメント性があるものなど様々あります。

大体、公式LINEでは無料特典がフロントエンドになり、そこからバックエンドへと繋がっていくのが定番の流れです。

 

私の公式ラインの特典には、自分の経験に基づいて作った『ビジネスの落とし穴35ヵ条』を無料特典として置いています。

これを読むことでビジネスの失敗談などを学ぶことができますが、この無料特典からのバックエンドはありません。

ここは、各々の戦略によっても大きく異なってきます。

しかし、あらゆるサービスの大半が、無料版は情報が少なく、有料では、自分が欲しい情報がしっかりとあるイメージです。

無料の範囲内で手に入るものは少ないことが多いです。

やらなきゃ損?無料の中からチャンスを掴む方法

そんな無料サービスですが、とてもおすすめなものがあります。

それは、Twitterスペースなどのライブです。ライブは無料で聞ける上に、なかなか有料級の情報を聞けることが多くあります。

 

一つ例を挙げますと、埼玉支部事務局長である『よこにゃん』こと横田さんとは、私がビジネスコミュニティの先輩と無料で行ったYouTubeライブがきっかけで知り合いました。

当時、先輩と定期的に行っていたYouTubeライブでイベントを行った際にいくつか抽選のプレゼントを用意したのですが、横田さんはその中の一つだった「リアル作業会」に参加してくれました。

それがきっかけで仲良くなり、今に至ります。

 

ちなみに、「リアル作業会」はその時しか行わなかったので、非常にレアな企画でした。
今では一緒にコミュニティを運営する関係となりましたが、当時は全く想像できませんでした。

 

ライブは生きています。主催する側も準備はしますが、実際にそこで何が起きるかはライブを始めてみないと分かりません。

だからこそ、チャンスがたくさん転がっていると思っています。

有料も無料も、まずは実際に体験してみることも大切

ここまであれこれ書いてきましたが、結局は自分で実際にさまざまなサービスを体験する事こそが近道なのではないかと思います。

有料であっても自分にとってはしっくりこなければハズレだと感じることもあるでしょう。逆に無料なのにものすごくよい学びや繋がりができる場合もあります。

 

ライブやnote、Brainなど、有料と無料も見せかたや戦略の一つです。
自分自身がお客さんとしていろんな経験をすることで、自分が実際にサービスを出すときの手札が増えていきます。

失敗を恐れず、積極的にいろんなところに飛び込んでみることをおすすめします。

個人でも小さくても強い仕事を作れるように

SNS起業という言葉もでてきたり、個人がビジネスに挑戦する障壁はネットのおかげでとても低くなっています。

おかげで私もビジネスに挑戦するきっかけを得て、資金も人脈もない中で独立することができました。

ですが挑戦しやすい分、その先のハードルが超えられず挫折する人がほとんどです。

結果を出す人はビジネスに挑戦する人の2%と言われたりしますが、自分の周りだけでもその2%の人を増やしていきたい。

凄い人がたくさんいるのに、自分なんかに仕事を頼む人がいるのだろうか。自分なんかが出来るのだろうか。

今月は仕事はあっても来月、再来月は大丈夫だろうか?

やればやるほど、小さな結果をだせるようになるほど、大きな結果を求めて不安が襲いかかってきますが…

個人でも長期的に仕事を得られるビジネスモデルの形。小さくても強い仕事は作っていくことができます。

本当はここを知っておくとよいのに…という、細かいけれど大事なことは、メルマガの中で伝えています。

リアルタイムでメルマガを書いていますので、決まったメールは流れてきません。

副業を本業にしたい方は、是非、このリアルな本音に触れてみてください。
↓↓
『馬場ふゆかの本音のメルマガ』




【3年間の実体験から確信できる『ビジネスの落とし穴35カ条』をLINEでお渡ししています】

友だち追加