マーケティングレポート

4時間で77個のアイディアを出しました

【実体験に基づく最新のマーケティング情報はこちら!】
↓↓↓



こんにちは!馬場ふゆかです。

マーケティングを学ぶ上でノウハウを学んで知識を身につけることはもちろん大事ですが、

アイディアを出す力を養うというのもとても大切です。

私は考えるのが得意というわけではないのですが、やはり発想力を鍛えることは欠かせません。

今回その発想力を鍛えるために事務所に引きこもり、4時間で77つのブレットを考えた話をしようと思います。

1つの動画につき何個も案を考える

合計400分の動画全て見て、ブレットを考えるという訓練を事務所にて行いました。

個人的には1動画につき3個くらい考えればいいと思っていたのですが、1動画につき7ブレット考えていきましょうと指導をいただき・・・

 

全く違う内容ではそんなにブレットを書くことはできないので、同じ内容も角度を変えて、言い方を変えて書くという訓練でもありました。

 

動画をみて3個ほどブレットを捻りだし、そこから別の切り口を考え・・・

 

正直かなり頭を使いました。

日本語は言い回しひとつで印象ががらっと変わってくるのが難しいところでもあり面白いところでもあります。

 

最終的に4時間かけて77個のブレットを考え出しました。

ここまでの数の案を出したのは初めてでした。

 

昔よりはブレットを考えるスピードはあがったかなと思いますが、

今度はパターンがマンネリ化したのも悩みとしてでてきました。

 

案をだすときは1個ではなく、なるべく複数案を考えていくことで自分の発想力は鍛えられます。

1つ考えるのは簡単ですが、複数絞りだしていくことは本当に大変です。

ブレットを完成させるまで帰れない

事務所での初仕事がブレットを考えることだったのですが、実はこの仕事は前々からあったことで・・・

400分の動画を見て考えるのがめんどくさく、ずっと逃げていたんですよね。

逃げ続けた結果、「ブレットを完成させるまで帰れません!」という指導をいただきました(笑)

 

 

いつもブレットやキャッチフレーズを考えるときは家で1日かけてだらだら案をだすことが多かったのですが、

それでも77個のアイディアをだせたことはこれまでありませんでした。

本気をだせば4時間で77個もの案がでるんだなぁと、自分でも少し驚きました。

ブレッドをさらに修正してもらうことでレベルをあげる

事務所ではさらに叩き上げが行われました。

77個のブレットをさらに添削修正してもらい、言い回しを少しずつ変え50個くらいにまとまりました。

 

修正されたブレットを見て口があいたというか・・・

こうもまだまだ良いものが生み出せるのかと!

ライティング術を向上させるだけでビジネスの幅はまた無限に広がっていくなとすら思うことができました。

 

一度考えたものを、さらに手を加えてレベルアップさせていく。

これを繰り返していくことで自分の実力は一気に叩き上げられていくのかもしれません。

 

マーケティング力の向上の1つとして、まずはとにかく案をだして発想力を鍛えていくことは大切です。




【実体験に基づく最新のマーケティング情報はこちら!】
↓↓↓