活動報告

【第10回ふゆにこライブ】その場の利益が少なくても実績がもたらす大きな未来

株式会社ホスマーケティ代表の馬場ふゆかです。

12月12日に私が代表を務めるマーチャントクラブ埼玉支部にて、ファン化ライターゆりにこに登壇をしてもらい、個人が仕事を得続けるためのセミナーを開催します。

だけどそのテーマを語る前に、個人事業主として知っておいて欲しいことがたくさんある!

ということで、この全12回のライブでは、「個人が仕事を作るために最初に知っておいてほしいこと」を話していきます!

ファン化のライターゆりにことは?

ライター、コンサル、コンテンツ販売、イベント企画など、ゆりにこだけの「個性」を活かしたお仕事で働いている起業家。

3人以上の場だとひと言も発せない陰キャをこじらせ、仕方なく「文章で伝える」に徹していたところ、気づけばそれが仕事になっていたそう。

友達は片手におさまる程しかいないとのことですが、SNSの総フォロワーは驚異の2万人超。

やさしくスルスル読めるロジカルな文章づくりが得意で、個人起業のコンサルティング(累計50名以上)、イベントやセミナー企画(累計500名以上集客)などもしています。

ゆりにことは起業同期で、お互い実績0で何もできなかったときから切磋琢磨してきた大切なビジネスパートナー。

無料で読めるnoteがとにかく面白いので、まずはこちらを読んでみてくだっさい。
↓↓
https://note.com/yurinico

300人集客したトークイベント!その利益は…?

ゆりにこは、過去にゆうこすさんという芸能人をゲストに招待して、自分の力のみで300人集客したトークイベントを主催したことがあります。

大きなゲストを招いたときの集客のプレッシャーというものは、もうそれはとんでもなく重たいもの。

「二度とやれない」とゆりにこ自身も言うくらい、個人の活動の域を超えるような、大成功という結果をだした大きなイベントでした。

 

こうした企画は、利益がいくらでたかではなく、挑戦そのものに大きな意味があります。

300人規模の企画、準備もプレッシャーもかなり大変だったはずだけれど、手元に残る利益はほとんどなかったそうです。

 

利益がでないのにそんなに大規模な企画をやる意味があるのか?

 

物凄くあります!!

 

ここで重要なのはこの3つの事実です。

・経営者からみたらこれがいかに凄いことなのかがわかる実績
・誰にも真似できない大きな実績
・企画を通して自分の認知の急拡大

実績が大きな名刺となり仕事に繋がる

お客さんからすると、ゆりにこだから簡単にできたこと、と見えたかもしれません。

ですが、経営者ならわかります。

webではなくリアルの場に、有料で300人集客することがいかに難しいことか。

この実績を伝えるだけで、彼女のできることと実力が一瞬で伝えられます。

 

そして規模が大きかったということは、情報発信の量も、その様子をみていた人も、巻き込まれた人も多かったということ。

集まりの場でゆりにこが自己紹介をしなくても、「あの企画をやったゆりにこさん」と相手が認知してくれることが増えるのです。

初めましてではなく、すでに相手に自分を認知してもらえている。

これは個人が仕事を作ってうえでとても大きなアドバンテージです。

 

実際、「あのイベントをやったんだね」と話しが始まり、そこから仕事の依頼をされることは急激に増えたそうです。

 

その場の利益がいかに大きくても、次に繋がらなければ意味がない。

1つの実績が名刺となり、その後の自分の仕事に次々と繋がっていく。

しかもその実績は他者が真似できないことなので影響力がすぐに下がることはない。

 

1つの挑戦が形となったとき、そこから自分の仕事が生まれていく。

大きな挑戦になるほど、ハードルがあがるほど、その結果が持つ影響力は大きくなっていきます。

 

特別なスキルのない個人でも、資金がなくても、平等にできることが挑戦でもあります。

挑戦は仕事に繋がっていくことを覚えていてください。

 

 




【3年間の実体験から確信できる『ビジネスの落とし穴35カ条』をLINEでお渡ししています】

友だち追加