未分類

LPもブログもコンテンツも、簡単には作れない

【実体験に基づく最新のマーケティング情報はこちら!】
↓↓↓



ホスマーケティの馬場ふゆかです!

有料ブログ、LP、コンテンツ…自分で作ったことってありますか?

私は一通り作ることができますが、基本的にデザイナーさんの協力が必要不可欠になります。

また、「作れる」と言っても、どの程度のレベルのものが作れるかは、かなり慎重にみていかなければいけないところでもあります。

今日はこれらの制作物は一朝一夕で作れるものではなく、完成させるまでにいくつもの工程数があること、制作の難しさや価値について話していきます。

ただ作るだけ、では意味がない

価格は全てピンキリではあるものの、ブログもLPもコンテンツも、外注するとなると基本的に数十万の費用がかかります。(数百万の場合もあります)

私のとこにも依頼がくることがありますが、「なぜそんなに高いのか?」と言われることも。

確かに高いかもしれないけど、これが普通なんです!!

 

たまに、「数万でやってくれる人もいますけど」と言われることもありますが、そしたらその人に頼めば良い話で。

実際に作るとわかります。「ちゃんと」作ることがいかに難しいかが。

 

ただ作ればいいだけなら、いまどき検索してしまえば制作の仕方はその辺に落ちています。

だけど、サイトやLPはちゃんと集客できるものにしないといけないし、コンテンツは価値あるものにしていかなければいけない。

ただあるだけではだめですよね。

 

文章を作って、デザインも考えて、集客導線も組んでいく。これは本当に難しいことなんです。

その上で、これらの制作物はボタン1つでぽんっとできるわけではありません。

見えない部分でいくつもの制作工程があり、本当に手間暇がかかっているものなんです。

 

私もたまに聞きます。5,000円でLPを作っている人、2万円でブログ制作を受注している人。

だけどそのサービス内容はしっかり確認した方がいいです。

どこまで作ってくれるのか?ライティングもしれくれるのか?マーケティング知識はあるのか?経験はどれだけあるのか?

納品される制作物で、自分の売り上げが変わることもあります。

 

とりあえずあればいいのか、ちゃんとそれを活用していきたいのか、そこをしっかり判断していかなければいけません。

ちょっとだけ直して、は難しい

私はデザイナーではないので、色んなデザイナーさんと仕事の話をしていて知ることもたくさんあります。

そのうちのひとつが、「ちょっとだけ直して」が難しいということ。

 

表面上には「ちょっとした」問題かもしれないけれど、それを確認するためにはサイト全体をチェックしていかなければいけないし、一部分だけ直すというのが難しい場合もあります。

依頼者側にとっては、「ちょっと」かもしれないけれど、製作者側にとっては全体を修正するのも一部分を修正するのも労力が変わらないかもしれません。

でも実際、私も「ライティングをちょっとだけ見て欲しい」という依頼は困ります。

 

まず、「ちょっと」という感覚が人によって違いますよね。

私はライティングをちょっと、と言われたら2,3行なのかな?と思いますが、実際にみてみるとLPまるっとだったり。(文章が少なめなので、ちょっと、と言われました)

で、実際に2,3行だったとしても、文章に前後の流れもありますから、結局全文読まないといけないですし、クライアントさんが求めるものは何かもしっかりヒアリングしないといけません。

場合によっては前後の文章も変えていく必要だってでてきます。

 

費用を少しでも抑えたい気持ちは私もわかるのですが、「ちょっと」でもかかる費用は変わらないのには理由があるのです。

デザイナーさんはマーケターではない

サイトやLPについては、クライアントさんも完成物がイメージできていないケースが多いです。

どんなサイトにしたいですか?という質問をしても、「可愛い感じの…」のような回答しかできないこともあります。

きちんとヒアリングをしてくれるデザイナーさんであればいいのですが、ただデザインを学んだだけでは上手なヒアリングをすることは難しいので…クライアントさんとデザイナーさんの間で認識の違いが起こるトラブルもあります。

 

また、こちらは「集客できるサイト」をのぞんでいても、全てのデザイナーさんがマーケティングの知識があるわけではありません。

綺麗なサイトはできるけど、集客導線はバラバラ…ということもあります。

 

どんなヒアリングが必要か、集客導線をどう整えるか、クライアントさんは何を求めているか…ここを整えるのにはマーケティングの知識が必要になります。

ちゃんと作るとなると、本当にクオリティの高いサイトを作るのは難しいとしみじみと感じます。

価格の差は何か

サイト1つ作るのに、15万円、50万で作る人もいれば500万で作る人もいます。この差はなんでしょうか?

その差は一概には言えませんが、

 

・工程数の違い

・サービス提供幅の違い(全て丸投げできるかどうか)

・スキルの違い(デザイン力のほか、ライティングやマーケティング力があるなど)

・業界の知識の差(エステのサイトであれば、美容専門のデザイナーの方がいなど)

・アフターフォローの有無

 

などなど…見えない部分の違いは本当にたくさんあるのです。

個人の場合、数十万という出費はけっこう辛いのも気持ちはわかります。

ココナラなどに依頼すれば数万で外注できることもありますが、どんなデザイナーさんなのか、どこまでサービス提供していくれるのかは、しっかり見極めていく必要があります。

けど…その見極めは非常に難しいところ。

LPやサイト、コンテンツ制作のサービスも請け負っていますので、悩んでいたらぜひご相談ください。

 

 

 




【実体験に基づく最新のマーケティング情報はこちら!】
↓↓↓